2011年10月17日

マグカップの熱い視線

1 食器棚の前を通るたびに感じる、キイロイトリマグカップの熱い視線・・・。
  「わかりましたニャ。キミを使いますニャ」
11−10−17.jpg

2 「カップスープを飲む前に、お湯の量を確認しておかなきゃニャ。
  にゃっ、150mlだと意外と少ないのニャ。
  このカップのちょうど半分くらいだニャ」
11−10−17−2.jpg

3 「毎日の努力の末にやっと手に入れた、このスープマグ。
  これで飲めば、きっとスープのお味も格別なのニャ。
  いただきま〜すニャ!」
11−10−17−3.jpg

4 「うっ!くっ!
  熱いスープが、お腹の中を落ちて行くのがわかるニャ・・・!」
11−10−17−4.jpg

こういうとろみのある飲み物って、アツアツのを飲むと
食道を飲み物がジワジワ下りて行くのがわかるんだけど、
どうしようもないんですよねぇ(笑)
posted by ひろる at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | トロマンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする